作業員

交換すればまだまだ給湯器は使用できるのだ

製品の寿命と事前報告

給湯器

寿命は10〜15年です

給湯器の寿命は約10〜15年となるため、もし10年くらい使い続けてどこか不具合を感じるようになったら修理するよりも交換した方が良いです。不具合のところを修理しても他の場所もすぐに不具合を起こすことも考えられるからです。交換するとなると、まず新しい給湯器選びから始めることになります。どの給湯器も魅力的ですが、交換するに至ってはいくつかも注意を払う必要があります。例えば、電気給湯器を利用していたのに灯油給湯器へと交換しようとした場合、灯油タンクを置く場所を確保しておく必要が出てきます。発熱する仕組みが違ってくることで取り付けの工事も大幅に変わってくるわけです。そのため、基本的に同じ系統の給湯器に交換するのが一般的です。

大家・管理会社に事前報告

またマンションで交換するときには予め大家もしくは管理会社に問い合わせをしておく方が良いです。というのも、新しい製品に取り換えるというならば、新しい機能も取り入れたいと考えるものです。マンションによっては取り付けることができないタイプもあります。例えば、お風呂の追い炊き機能を取り付けたいと思っても、専用のパイプを取り付ける必要もあるため、マンションによっては許可されていないケースがあります。そのため、大家や管理会社に事前に報告しておくわけです。もしも、マンション規約に合ってないタイプで合ったらそのときに指摘してもらえます。そのときは別の製品を選ぶことになります。このように、マンションの場合は、一定の配慮をする必要もあるわけです。

交換の判断をするときは

白い給湯器

給湯器の修理は設置してもらった業者に連絡するよりも修理専門の業者に依頼したほうが対応も早く費用も抑えることが出来ます。修理化交換かの判断は保証期間内かどうかとその給湯器が販売されてからどれくらいの年月が経過しているかで判断しましょう。

Read More

ガスを使って快適に

リモコン

ガス給湯器は、風呂を沸かしたりお湯を沸かしたりするさまざまな機能があります。温水暖房を使用できる機種もありますので、機能を重視している人にも利用しやすくなっています。点検などを行うことで快適に使うことができます。

Read More

給湯器に関する節約術

住宅

台所や浴室で給湯器を使う場合、手袋や保温シートを使うことでガス代を大きく節約するメリットが生まれます。また、給湯器の号数を知っておくと、家族人数や生活環境に合わせた給湯器を選ぶことができ、快適な生活を送ることができます。

Read More